の島のおじさダイバー日
2022年 9月24日(土)〜 9月26日(月) 久米島 5回目ダイブ

♪ ワクワク(*゚▽゚*)ワクワク ♪♪

  9月23日(金)

 今日は移動日です。8時頃まで寝ていました。だいぶからだが軽く感じました。目覚ましが鳴る前に起きて帰り支度をすることにしました。身の回りの物を整理して、8時半過ぎから裏に干したダイビング器材をメッシュバッグに詰めて、それをクルージングバッグに入れて、他にも入れる物を用意していろいろ詰め込みました。
 9時前にはほぼ支度ができたので、コーヒーを呑みながらホームページの日記を更新したり、ダイビング関係のデータを整理しました。

 9時半に部屋を出て、お父さんに送ってもらいました。ターミナルの売店でジューシーおにぎりを2パック買って、少し涼んでからバス停に行った。もう7〜8人並んでいました。
 いつもの後ろの方の席に座れました。19日に来た日に石垣空港のバスの時刻表に、テープで時間が消されていたので、不安になってターミナルの時刻表を写真で撮っておいて良かったです。やはり予定していた9時半のバスがなくなっていたので、慌てずにすみました。急な時間変更だったようです。
 10時に出発して、ずっとダイビングのデータを整理していました。気がついたら石垣空港に着いていました。急いで下りて検査所に1番で着いて、10時40分には荷物を預け終わって、搭乗口に行きました。パソコンの充電をしながら、何枚か写真を撮って、ホームページを書く準備をしました。すぐに搭乗の時間になって11時には機内に入りました。
 10分ドアが閉まる→13分動く→22分離陸→29分多良間島通過→宮古島は確認できず→57分久米島→12時2分慶良間諸島→4分那覇空港に着陸→駐機場の変更などで待機して20分駐機場→25分機外に出た。ゆっくり歩いて行って器材を受け取りに行くと、35分に本当に最後に荷物が出てきました。荷物の量は多くないので時間はかからなかったですが。
11時22分石垣空港を離陸しました♪
石垣島の白保海岸です♪珊瑚の群生地ですネ♪
12時3分那覇空港前の海岸です♪
12時4分那覇空港に着陸しました♪
 久米島行きの船の出港まで1時間半ほどあるので、ゆっくり行くことにしました。40分にゆいレールの那覇駅に着いて、45分に出発→美栄橋駅には1時過ぎに着きました。10分ほど歩いて泊港まで行きました。汗をだいぶかいてしまいました。
 チケット売り場でチケットを買っていたら、汗だくになってしまいました。そのまま船まで行って1時35分頃乗船しました。予定通り2時に出港しました。3時間ほど時間があるので、写真を たくさん撮りました。
カーナビではなく、船ナビですネ♪ 画面中央がフェリー海邦の現在位置=泊港(通称:とまりん)です♪
 出港から慶良間列島を過ぎて、粟国島、渡嘉敷島などの写真を撮りました。その間ダイビングデータの整理を続けました。予定通り5時過ぎに久米島の兼城港に着いて、タクシーのお迎えを確認しました。
大物のポイント「男岩ウガン」です♪
慶良間諸島の中で一番大きい島:渡嘉敷島です♪
久米島の大物ポイント「トンバラ」です♪
港が見えてきました♪
 5時15分過ぎに預けた荷物をもらって、タクシーで5時25分頃リゾートハウス???「みなみ…お世辞でも:リゾートハウスとは呼べません!!」に着きました。チェックインを済ませて、喉がカラカラだったので、ミネラルウォーターをガフガブ飲み干してしまいました。荷物を整理して、すぐに明日からのダイビングの準備をしました。
 6時頃ファミマーに買い物に行って、カクテル缶とビールを呑みながらツブ貝を食べました。ダイビングのデータを整理して、7時前に洗濯を しながら、ツブ貝、さきイカ、トルティーヤを食べながら清福を呑みました。
 8時過ぎに明日の朝食のパンと昼食の弁当を買いに行って、部屋に戻ってお腹が減ったので、9時過ぎに?冷凍のナポリタンを食べました。麺がもっちりして美味しかったです。呑みながらテレビを観て11時 頃?頑張って寝たと思います(−_−)゜zzz…
久米島 SHIRAHAMA

  9月24日(土)

 コーヒーを飲もうとしたら、こぼしてしまって掃除機ではいた。お湯がでなかったので、面倒なのでミルクルを飲んでパンを半分食べた。カメラ周りの器材をセットして、8時15分頃出ようとしたら、次から次と忘れ物をして、結局20分過ぎに宿を出た。
  ショップに着くと、真島さんご夫婦がいた。泳ぐ格好をしていたので、ダイビングに行くんだろうと思っていたら、今日帰るのでビーチで泳いでから帰ると言っていた。予約状況を確認しなかったのがいけなかった。来年は是非一緒に潜りましょうということで別れた。
 8時50分頃港に着いて、初めてシラハマのクルーザーに乗った。予想していたとおり、ダイビング専用の船ではないので、船の後方は場所が狭く、ゆっくりするスペースはほとんどなかった。おじさん4人のグループが占拠していたので、1本目は場所を気にしながら船尾の狭い所にいた。大体の様子は分かったので特に問題はなかった。
 船内にいたおばさんと2人で、綾人くんガイドで潜ることになった。1本目は久米島の西の地形ポイントにいった。たぶん以前来たことがあると思うが、ブリーフィングは口頭なのでポイント名は覚えていない。第2班で潜ったが、いろいろ工夫されていて使いやすいようになっていた。4人から最大6人? 位の椅子のような器材を背負う場所があって、前のチームがエントリーしたら次のチームの器材の準備をして、順番にエントリーするようになっていた。
 海の中は西表島より透明度は良かった。地形を回って…クマノミを撮って地形を回って10時20分頃?船に上がった。シャワーは故障しているようで、お湯をペットボトルでくんでかぶった。最後にショップツアーの6人が上がってくると、船の後部が混むので、2階に避難してそのままずっといることにした。綾人くんが2階に来て飲み物の希望を聞いてきたので、港に戻ってから飲み物をくれる のかと思っていたら、すぐにホットコーヒーを持って上がってきた。なんてサービスがいいんだと感心した。
 帰りは風が強くて波も少しあった。港に戻って休んで、次の出港が11時半だった。マンタポイントに行く予定だったが、波が荒いので断念して地形ポイントに行った。エントリーしたのは12時10分過ぎだったので、1本目から2時間近く経っていた。いくつかケープを回って、波紋を見てハコフグやネズミフグを見て船に戻った。
 また港に戻って4人のおじさん達は2本で帰った。次は2時45分に船に戻ることになった。1時40分頃から弁当を食べた。次は2時45分に船に戻ることになった。港はフリーWi-Fiがあるので、楽天でも普通につながるようで助かった。管理棟で100円のホットコーヒーの入れ方を教えてもらって飲んだ。
 2時半過ぎに戻って45分頃出航した。エントリーしたのは3時15分過ぎだった。やっぱり久米島時間だった。大小の岩場の周りを回りながら、ケープや洞窟を進んで行った。カエルウオが可愛かった。地形も面白かった。ブチウミウシ?が可愛かった。いくつかケープをを回って帰ってきた。
 船に戻ったら4時を過ぎていた。帰りの準備は何処まで何をやってあげればいいか、分からなかったので何もしなかった。またホットコーヒーを持ってきてくれて、帰りの支度も全部してくれてた。4時45分頃港に戻って来た。すごく遅い時間だと思った。毎回港に戻ってくるので、時間がかかってしまうんだと思った。
  ショップツアー?の6人も今日が最後のようだった。おばさんと2人で先に帰ってきた。4時45分頃部屋に戻ってきて、カクテル缶を呑みながら風呂に入って、体と頭を洗った。カメラ 周りの器材を湯船に浸けて、清福を呑みながらコロナ関係のデータと天気を更新して、ホームページの日記はデータだけを貼り付けておいた。「備忘録」を書きながら冷凍ピラフも食べた。
 7時50分頃ようやく「備忘録」を書き終えた。8時過ぎにファミマに買い出しに行った。冷凍の鶏のから揚げはかなり美味しかった。8時半過ぎからピザを食べたが美味しかった。台風15号の影響で、静岡県で記録的大雨があったり、磯子区でも土砂災害警報が出ていた。下町とか岡村など広い範囲で出ていた。9時前から残りの鶏のから揚げを食べてマッタリしてきた。いい気分になって、頑張って10時半に寝た。

  9月24日(土) No.1:838本目−09:04〜09:47 一文字 曇り 気温28℃
                  水温27℃ 最大深度17.3m 平均深度11.0m 透明度〜25m


   8時15分頃
 7、8分
 エキジット時

  9月24日(土) No.2:839本目−11:04〜11:36 トンバラ 曇り 気温28℃
                  水温26℃ 最大深度17.1m 平均深度11.6m 透明度〜20m


 港に10時5分
 海上はだいぶ
帰りの船も少し

  9月24日(土) No.3:840本目−13:19〜13:57 マンタステーション 曇り 気温28℃
                  水温25℃ 最大深度14.9m 平均深度11.8m 透明度〜20m


 1時に出港してマンタポイントに行った。
 今さら
 2時25分頃帰港して 宿に送ってもらった。

 湯船に
 楽しく別れて部屋に戻って少し呑んだようだ。でも10時過ぎには寝たと思う。

  9月25日(日)

 7時過ぎに起きていろいろ準備して、8時前に全て終わった。お湯を沸かしてもらってコーヒーを入れて、パン を全部食べた。8時25分に部屋を出て、8時半にショップに着いた。若い男性5人とご夫婦がいた。あと2人いるようなので全部で10人になる。これで申し込みを止めているので、10人〜12人で一杯にするようだ。船がクルーザータイプなので広々と使えないからだと思った。
 港について船に乗ってワイドレンズを付けようとしたら、ハウジングのネジにかみ合っていなくて全然装着できなかった。昨日まではちゃんとネジを締める感じで、最後にネジが締まった感じがして固定できていたと思った。お母さんにも見てもらったが原因が分からなかったので、今回はワイドレンズなしで潜ることにした。
 今日はショップにいたご夫婦と一緒のチームになった。2階に行ってご夫婦と少し話をした。いつもは西表で潜っていることと、2年前まで西表のショップに綾人くんがいたことや去年結婚して子供が生まれたことなどを話した。
 1本目はアーラハーフウエイで潜った。エントリーすると、お父さんのボンベが左に傾いていて上手く泳げないでいた。心配して綾人くんにスレートで知らせてあげた。BCがズレているので、ベルトが効いていないのかと思った。なんとか泳げるようになったようだ。お母さんも決して上手に潜れている様子ではなかった。
 いろいろ地形を見て船に上がると、お母さんは2階で横になってしまった。ちょっとぶつかってしまった。11時頃港に戻るとエスティバンが出港 していったが1本目みたいだった。私には慣れることができない時間のショップだと思った。
 休憩時間は10分ほどしかなかったので、船の近くで携帯をチェックしてすぐ船に戻った。 2本目は11時15分に集合して出港した。「トリの口」に潜る予定だったかが、何かの関係で変更になった。昨日の1本目と同じポイントらしかったが、良く覚えていなかった。2本目は 12時前にエントリーした。それでも遅い時間だと思った。いろいろ見て回って、ウルトラマンホヤやテングカワハギなどを見ることができた。
 船に戻るとまたお母さんが2階で横になって寝てしまった。だいぶグロッキーな感じだった。1時15分頃港に戻って弁当を食べた。食後暑いので少し屋根がある場所に移動した。携帯には特に連絡はなかった。一緒に潜ったご夫婦は2本で終わりにしたようで、チームが変更になってお母さんのチームになった。だろうなぁ〜って思った。
 20分ほど寝て2時半に船に戻って出港した。隣の桟橋に二頭の犬を乗せた船が帰ってきた。とっても可愛かった。昨日一緒だったお母さんと旦那さんと3人で潜った。いろいろ小さな魚やホヤなども見せてくれた。カールおじさん=笑いホヤも写真を撮ったが、かなり小さくてパソコンで確認しないと分からないかもしれない。船に戻ってアイス緑茶をもらって帰ってきた。
 4時10分過ぎに港に戻って来て、20分頃宿に帰ってきた。先に湯船に浸かってビールを呑んだ。カメラ周りの器材を水に浸けて一息ついた。泡盛を飲みながらテレビを観て、「備忘録」を書いた。7時頃今日の「備忘録」が書き終わったので、 冷凍のピラフとカップラーメンを食べた。8時頃コロナ関係のデータを更新した。
 ワイドコンバージレンズを装着するには、ステップアップリングが必要なようだが、以前から付いていた? のかどうか分からなかった。8時半頃コンビニに買い出しに行った。戻るとお父さんが缶チューハイを呑んでいた。ジャガイモスティクを食べながら充電をして明日の準備をした。10時前に綾人くんからLINEで、明日のお店を予約してくれた。ついでに昨日と今日のポイント名を教えてもらった。泡盛もちょうどなくなったので、10時半頃寝た。


  9月25日(日) No.1:841本目−09:10〜9:49 シチュー釜 曇り 気温287℃
                  水温26℃ 最大深度33.0m 平均深度15.3m 透明度〜25m


 今日の1本目は、


 1本目は、
 1本目は、

  9月25日(日) No.2:842本目−10:39〜11:17 イズマニ 晴れ 気温28℃
                  水温26℃ 最大深度20.3m 平均深度12.9m 透明度〜20m


 今日の1本目は、

 1本目は、
 1本目は、

  9月25日(日) No.3:843本目12:44〜13:35 トンバラザシ 晴れ 気温28℃
                  水温26℃ 最大深度16.1m 平均深度 8.2m 透明度〜25m

 1本目は、

 1本目は、
 1本目は、
  9月26日(月)

 5時頃からウトウトしたが、洗濯物を取りに行っていないことを思い出して、朝方取りに行って部屋に干した。また頑張って寝て、7時前に目が覚めたので起きた。 準備はほぼできているので、コロナ関係のデータと天気を更新した。ホームページの日記にはデーターだけを貼っておいた。コーヒーを入れてパンを食べた。着替えて8時25分頃部屋を出た。
 ショップに着くとご夫婦(実は違った)と女性がいた。あと違うご夫婦がボードに書いてあったが、昨日のどちらのご夫婦かは分からなかった。ご夫婦が来ないまま車で港 に行った。船にもご夫婦はいなかった。
 今日は5人で出港した。風も波も落ち着いてきたので、2階で焼きながらハテの浜の方に行った。2日間地形三昧だったので、違う雰囲気のポイントに行けて良かった。綾人くんと一対一で超深場のアケボノハゼを見に行くことになった。水深45メートル近くになるということで、まず綾人くんがポイントにアケボノハゼがいる かどうかを確認しに行って、いたら呼んでもらって深く潜ることになった。7月に久米島で35メートル位まで潜ったことがあったが、40メートルより深いダイビングは初めてだった。少し 心配はあったが、何となく安心感があった。
 エントリーしてエッジを回って崖の下にくぼみがあった。それでも水深30メートル位で待っていた。アケボノハゼを見つけてくれたので、底まで潜って行った。水深45メートル付近で、手前を撮っていたらその先を指示されたが、何も確認できなかった。さらにそのオクを指示されたら…いた!隠れる様子もなくバッチリと写真雑誌に出せるほど綺麗に撮れていた。デコが出るまで残り3分だった。ゆっくり深度を上げていって、途中写真を確認して綾人くんに見せた。リーフの上にカスミチョウチョウウオの群れがいたので写真を撮りに行った。写真を撮っていたら、カスミアジも2〜3匹いた。いつもながら綺麗な魚だ。満足して船に戻って後部デッキで陽に焼きながら帰った。
 10時半前に港に戻って、屋根のあるベンチで休んだ。11時前に船に戻ると昨日一緒だった、いろいろトラブルがあったご夫婦が来た。トンバラは無いと諦めた。マンタを見に行くことになった。無難なポイントだと思った。いい天気になってきた。朝天気を見たら12時頃雨が降る感じだったが、全くその気配は無かった。
 エントリーすると少し透視度が良くなかった。マンタを探しながらひたすら泳いだ。クルクル周りを見渡したが、マンタは出てこなかった。別のショップさんも見ることはできなかった。
 12時頃船に戻って12時半頃港に戻った。天気がかなり良かったので、隙間の屋根がある休憩所で弁当を食べた。電子レンジで温めたが、その時見覚えのあるおばさんがいたが、足の指がある靴下をはいている奥さんだと思って軽く見ただけだった。お弁当を食べて、いつも通りトイレでトレーを綺麗に洗ってから捨てた。
 1時15分に船に乗って3本目の希望を皆さんに聞くことになった。途中私の900本のことを話してくれた。自分はマンタポイントより、サンゴ関係の方が良かったが、特に希望はいわないでいた。 サンゴポイントに行くことになって安心した。キノコの柱がある、パラオキッカサンゴ?のポイントに行った。以前行ってキノコの柱の高さを計測したところだった。
 2階に上がって陽に焼いていると、橋を過ぎた浅瀬の通路にアオウミガメが4〜5匹も泳いでいるのを見つけた。つい最近久米島でアオウミガメの大量殺害がニュースになっていたが、漁師さんにとって漁を邪魔するやっかいな生き物が、たくさんいるのが分かった。天気が良かったので、なかなかいい感じで船旅を楽しむことができた。相変わらず奥さんとはウマが合わない?感じがした。
 キッカサンゴに仏塔のような小さな柱がたくさん立っていて、なかなか見応えがあった。以前もうめさんに見せたいと言った光景だった。たぶん奥さんは全然感動していないだろうなと思った。昔の自分もそうだったと思い出した。
 キノコの柱のところに来て、再度高さを測ってみた。その後900本記念のカードと写真を何枚か撮った。ウエイト用にレンズを 入れてきたのでカメラを渡しても浮かなかった。ご夫婦はただ傍観しているだけだった。
 船の下に戻るとハルミさんが、軍手を付けて手を握っていた。ウミウシでも捕まえて見せてくれるのかと思っていたら、軍手の手の所に「祝い」と書いてあって、スレートに「おめでとうございます」と書いてあった。嬉しかった。今回は最初に船に戻った。
 船に上がって900本の事を少し話して、2時半過ぎに港に向かった。3時前船を下りることができた。宿に戻ったのは3時頃だった。風呂に入りながらWAATAのカクテル缶を呑んで、頭と体を洗った。サッパリして湯船にカメラ周りの器材を水に浸けておいた。5時半に精算に行くのにまだ時間があるのでファミマに買い出しに行った。久米仙を買ってしまった。4時半頃戻って呑みながら「備忘録」を書いた。トルティーヤを食べて、5時過ぎにいったん終わりにした。
 ショップに精算に行くと楽天のカードリーダーが使えないというので、振り込みをすぐにすると伝えて帰った。部屋に戻って横浜銀行の振り込みを確認したら、残額が足りないことと、ワンタイムパスワードが分からないので、振り込みはできないことが分かった。
 6時前にファミマーでお金が下ろせると思って、初めて行ってやってみた。地方銀行に横浜銀行があって、5万円を引き出せた。手数料はかからなかった。すぐに綾人くんに電話したら、途中でつながらなくなってしまった。そのまま6時頃ショップに行って、事情を説明して現金で支払った。やはり久米島もWi-Fi が無ければつながらないことが分かった。港の公共施設にWi-Fiの設備があるんだと思った。
 6時15分頃宿に戻って、久米仙を呑みながら「備忘録」を書いた。7時過ぎまで作業して 7時10分過ぎに部屋を出て綾人くんと合流した。歩いて5分位の焼き肉屋の隣(裏)の居酒屋に行った。表通りからは絶対分からない店構えで、地元の人でほぼ満席だった。個室も二部屋位あるようだった。「シマバルようじ」…「ようじ」さんがやっている「島」の「バル」って感じなんだと思った。そんな感じはした。ワインなどの飲み物が充実していた。
 スーチカ・とろろ芋と島豆腐のステーキ・鶏の炭塩焼き・刺身盛り合わせ・ようじチャーハン・塩焼きそば・トウモロコシの天ぷらを食べて、泡盛3杯と特製酎ハイ2杯とコーラで9410円だった。まあこんなもんだろうと思った。
 飲み物の量は多かったが、料理が出てくるのに結構時間がかかった。スーチカが出てくるのに40分、トウモロコシの天ぷらは50分以上かかっていた。ただ料理をいっぺんに全部出さないようにしていてくれたのかもしれない。後ろの席の地元の人達のグループで、誕生日のおじさんがいて盛り上がっていた。
 9時半までと決めていたので時間通りに店を出た。夜空を見ながら歩いたら、かなりフラフラしていた。宿に戻って綾人くんはショップにいったん戻って分かれた。部屋に戻ってまず帰り支度をした。カメラ周りの器材を拭いて袋に入れて、ツールボックスにしまった。ダイビング関係の物はクルージングバッグに入れておいた。衣類はたたんで手提げバッグに入れた。
 明日の朝使う物は入口の棚の上とベッド脇のサイドテーブルに置いておいた。荷物もほとんど片付いたので、テレビを観ながら久米仙を呑んで、「備忘録」を書いた。10時半頃から、だんだん眠くなってきたので、11時頃いったん寝た。たぶん12時過ぎまで部屋の灯りを付けたまま寝ていたので、全部消して寝直した。





  9月26日(月) No.1:844本目−09:05〜09:46 ナングチモドキ 曇り 気温28℃
                 水温25℃ 最大深度13.6m 平均深度10.3m 透明度〜20m



1本目は、
 1本目は、

  9月26日(月) No.2:845本目−10:53〜11:38 ウーマガイ 曇り 気温28℃
                  水温26℃ 最大深度32.6m 平均深度11.9m 透明度〜25m

 今日の1本目は、

 1本目は、
 1本目は、

  9月26日(月) No.3:846本目−13:23〜14:01 マンタステーション 曇り 気温28℃
                  水温26℃ 最大深度15.3m 平均深度11.2m 透明度〜20m

 今日の1本目は、

 1本目は、
 1本目は、
  9月27日(火)

 目覚ましが鳴る5分前の6時40分頃起きた。いろいろ帰り支度をして7時頃には終わってしまった。コーヒーを飲みながら菓子パンを食べた。7時50分頃部屋を出てハンガーを返して、お父さんに挨拶して宿を出た。
 ショップに着いて器材をメッシュバッグに入れて、クルージングバッグにいろいろな物も詰めて8時頃には準備が終わった。終わった頃ショップのご夫婦が来て、すぐに車に乗せてもらった。
 10分位走って8時12分頃港に着いた。お礼を言って、また来年来ることを伝えてお別れをした。お土産を買いに行って、久米島のおせんべいを6袋も買ってしまった。カバンに入れるとつぶれて割れてしまうし、かさばってしまって大きな荷物になってしまった。ちょっと後悔した。
 8時25分頃乗船して、後部座席でパソコンのコンセントを繋いだ。写真を何枚か撮って、昨日の「備忘録」の残りを書いた。 定刻通り9時に出港した。ダイビングポイントを見たら、シラハマのクルージング船がマンタポイントに泊まっているのが見えた。
 9時50分頃「備忘録」が追いついた。ホームページの日記を書くことにした。気がついたら10時20分で渡名喜島に近づいていた。10時35分頃渡名喜港に着いて、乗客20人位を乗せたが観光客は誰もいないようだった。下りる人は誰もいなかった?5分位停泊して10時40分頃すぐ出港した。
 ホームページの日記の続きを書いた。11時10分頃慶良間諸島の東を通過していたが、渡名喜島も含めて、靄(もや) のような物が覆い被さっていて、島がぼやけてしか見えなかった。11時50分前島を通過した。近くを通過したのに、やはりぼやけてよく見えなかった。
 ホームページの日記は日記部分だけ5日間残った。ちょうど12時だったのでいったん作業を終わりにした。那覇が見えてきたが、やっぱり靄がかかっていた。
 12時35分船から下りると、奥さんがタクシーに乗るところだった。お乗りになりますか?と誘っていただいた(儀礼として)が、荷物があるからとお断りして別れた。写真を何枚か撮って、荷物を 受け取ってターミナルの売店で390円のお弁当と、ついでにマーミヤーかまぼこも買った。おまけと言って一袋くれたが…バッグの中がニンニク臭くなってしまった。弁当は美味しかった。
 元気が出てきたので、1時12分頃出て美栄橋駅まで歩いた。23分頃駅に着いて、32分のゆいレールに乗って、48分頃那覇駅に着いた。
 まずダイビング器材を預けた。 中年の係の女性が、あれこれ言って器材を先に検査機にかけると言って持って行った。搭乗手続きをして、少しバタバタしていた。
 手荷物をロッカーに預けて、牧志に行くことにした。 2時15分のゆいレールに乗って33分頃牧志に着いた。38分頃竹欄の写真を撮って、2時50分頃からやっぱりステーキで食事をした。ミスジセット150g1400円と追い肉イチボ100g 700円と生ビール500円で、合計2600円だった。ご飯をお代わりしてお腹がいっぱいになった。
 3時20分頃出て、市場通りでも散歩しようかと思ったが、少し遠いのでやめて戻ることにした。30分のゆいレールに乗って3時48分過ぎに那覇駅に着いた。牧志まで往復600円かかるので、ステーキを食べにだけ行くとすれば、思ったより安くないかもしれないと 思った。
 那覇空港でいろいろお土産を見て回って、沖縄お土産セット(500円ちょっと)がいいと思った。いつか買って帰ることにした。荷物検査所を通って4時15分頃搭乗口に着いた。パソコンと携帯の充電をしながら写真を撮って、琉球ハブボールを呑みながら「備忘録」を書いた。5時過ぎに「備忘録」が書き終わったので、ホームページの日記を少し加工してアップさせた。時間があったのでオリオンビールを呑むことにした。
 6時24分機内に入って着席した。ホームページの日記を書いた。6時35分ドア閉まる→緊急時の説明→45分動く→57分離陸→本当北側を通過→7時12分頃与論島 →16分頃沖永良部島→18分頃徳之島→2021/8/8のバナナマンのせっかくグルメのビデオを観た。20分頃〜奄美大島→7時47分屋久島の東を通過→8時高知県室戸岬の南を通過
 →8時頃から2022/4/7のタクシー運転手のビデオを観た→8時10分串本を通過、少し揺れた→23分浜松の南、だいぶ揺れた→26分御前崎の南→32分下田の南→36分利島→37分大島通過→8時40分浦賀水道を進む→羽田空港まで直進→横浜、川崎、羽田空港→8時55分着陸→9時駐機場へ→11分荷物受け取り場→16分荷物受け取る。
 9時25分京急羽田駅→32分発車→また神奈川新町で後続の快速特急に抜かされた→10時10分横浜駅JR→22分地元の駅着。オリジンで弁当を買って10時41分のバスに乗って10時50分頃ようやく家に着いた。弁当を食べて少し休んで、12時前から久米島のファミマで買った冷凍つくねと冷凍鶏唐揚げで焼酎を呑んだ。だいぶ酔って1時半頃寝た。

ページトップへ
ダイビングトップページに戻る