の島のおじさダイバー日記

2022年 5月28日(土)〜 5月29日(日) 沖縄遠征ダイブ 11回目ダイブ

♪ ワクワク(*゚▽゚*)ワクワク ♪♪

  5月26日(木)
 出発の前日です。いろいろ準備をしなければいけないんですが…カメラやライト関係の器材の充電が全部終わったので 一つ一つ整理してバッテリーや乾電池をしまいました。5時頃クルージングバッグとダイビング器材を入れたメッシュバッグを下におろして、クルージングバッグに入れて大体準備が出来ました。6時頃下着や服などを手提げカバンに準備して、肩掛けカバンもいろいろ入れてほぼ全ての準備ができました。食事をして少し呑んで、10時頃からサンドイッチを作りました。
 ・メンチカツとキャベツの千切りサンド ・ローストポークとキャベツの千切りサンド ・ハムとタマゴとレタスのサンド
 3種類作ってラップに包んで置いておきました。食器を洗ってゴミを捨てて1時頃寝ました。

  5月27日(金)
 目覚ましで9時45分頃起きました。朝方から土砂降りの雨が降っていました。メールをチェックしたら、今回那覇でお世話になるシーマリンから返信がありました。12 リットルのタンクをお願いしていたんですが、無いとのことと、日曜日の粟国島遠征は、シーマリンの船ではなく、明日土曜日に乗り合いでなら行けるかもしれないとのことでした。行けたら行きたいと返信しておきました。
 毎日ルーティーンにしていることをやっていたら、11時15分頃になってしまったので、急いでサンドイッチを切り分けてラップをしました。アイスティーも用意して、着替えて木に水をあげて、戸締まりを何度も確認して電源を全て抜きました。足の痛み止めの薬を飲んで、塗り薬も塗りました。もう一度1階の戸締まりを確認して、コンセントも全て抜いてほぼ全部準備できました。腰に湿布を貼って 残りを持って行くことにしました。11時50分頃全て確認できました。雨も上がって良かったです(^_^)b

 11時57分頃家を出ました。予定していたバスに乗って、地元の駅から電車に乗りました。12時半前に横浜駅に着いて、30分の京急羽田行き急行に乗れました。1時前に羽田駅に着きました。とっても順調です\(^_^)/♪
 1時過ぎに出発ロビーに上がって荷物を預けて、手荷物検査場を通ったら、お客さんの服が荷物を運ぶローラーに食い込んでしまって、係の人が取り外そうと頑張っていました。
 7番搭乗口まで少し遠かったですが、1時20分頃には着きました。パソコンデスクに座って充電をしながらサンドイッチを食べました。 ローストポークとキャベツの千切りサンドはマーガリンの味がちょっと強かったようです。メンチカツとキャベツの千切りサンドは美味しかったです♪1時半頃写真を撮りに一回りして、ノートパソコンでホームページ関係の作業をしました。
 2時35分頃機内に入りました。機内に載せる荷物で何かトラブル?があった?ようで、出発が15分ほど遅れました。3時2分動く→機内安全のしおりの説明→7分再び動く→いつもとは逆の窓際に座っていました→3時15分離陸→いつもとは逆方向の陸の滑走路でした→25分大島→27分箱根越え→36分浜松→40分渥美半島→44分鳥羽南→50分尾鷲→55分雲が出てきて見えなくなってしまいました。→58分串本通過。ここからしばらく陸地は見えなくなります。
アクアラインの空気取り込み塔です♪
海ほたるです♪
大島です♪
東伊豆の大室山がハッキリ見えました♪
 ここからは飛行機のナビゲーションを見ながら位置を確認しました。4時10分室戸岬南→寝ました(-_-)゚zzz…→50分屋久島南→5時2分喜界島→奄美大島通過→12分徳之島→17分沖永良部島→18分与論島の北→20分伊平屋島→21分伊是名島→22分名護市、沖縄本島北側通過→25分恩納村→27分南側 →雲の中に入る→28分うるまから宜野湾へ→29分平和記念公園→30分海が見えてきました→33分南端の岬荒崎→37分那覇空港着陸…順番を待って機外に出ました。ここまで家をでてから2310歩しか歩いていませんでした(^_^;) ん〜家から最寄りの駅まで歩いた位ですかネ(^_^;)
 6時頃荷物を取りに行ったら、ダイビングショップのシーマリーンから電話が入っていました。電話をかけ直して明日の確認をいろいろしました。朝4時55分にホテルに迎えに来て、乗り合いの船で粟国島へ遠征に行くことになりました。
 シーマリーンのお客さん1人とスタッフ1人が来るとのことでした。了解してトイレに行ってから、荷物受け取りレーンに行ったら、もう全部終わっていて、レーンは止まっていました。ちょっと焦って係の人に聞いたら別の所に置いてありました。良かったぁ〜(^_^;) 6時14分頃モノレール那覇駅に着いて、20分のモノレールに乗って35分美栄橋駅に着きました。
 雨は降っていなさそうなので歩いて行くことにしましたが、泊港の前に来た時に少し雨が降ってきて、泊まるホテルの正確な場所が分からなくなってしまいました。携帯で調べて場所を確認して、なんとか7時にチェックインすることが出来ました。
 ここまででも4900歩だけでした。いつも家から戸塚の教室に行って帰って来たときとほぼ変わりませんでした。7時25分頃から買い物に出ました。セブンイレブンとファミマーで食べ物や飲み物を買って帰りました。
 7時40分頃から食べながら呑んで、カメラ周りのをセットしていたら、ライトを取り付けているアームと、カメラハウジングを固定している器材が割れていました。時々あることなんですが、以前同じく乗り合いで粟国時のに遠征した時も、マスクの固定部品が割れてしまっていました。ん〜飛行機で器材を運ぶときは注意してもらわないといけないですネ。
 昔の経験からいろいろ部品を持ち歩くことにしていたので、新しい部品を探して付け替えることが出来ました。神ワザ!!的な修理でした。 9時頃セットがほぼ終わって、20分頃から弁当を食べて、ちょこちょこ呑んでいましたが、あまり眠くならなかったです。明日4時起きにしたので頑張って10時半頃寝てみました。ウトウトしていましたが、やっぱり寝られなくて、12時過ぎに起きてサマーズのリゾート番組を少し見てしまいました。また頑張って寝ました。
那覇 シーマリン

  5月28日(土)

 携帯の目覚ましで4時に起きました。器材のセッティングは出来ているので、コーヒーを飲んで軽くストレッチをして体を元気づけました(^O^)!! 4時45分過ぎに部屋を出てロビーで待っていました。55分にお迎えに来ました。まだ真っ暗で土砂降りの雨でした。完全に夜中ですね! 途中若い優しい男性をピックアップして港に向かいました。お客さんは私と男性の2人だけでした。港はシーマリンの船がある港でした。

  5月28日(土) No.1:832本目−07:18〜07:44 粟国島:筆ん崎  曇り/雨  気温28℃
                  水温23℃ 最大深度23.6m 平均深度14.3m 透明度〜20m


 まだ真っ暗で雨が降っていて、25人ほどの人がセッティングをしたり、いろいろ準備をしていて、歩くことも出来ませんでした。なんとか奥の部屋に荷物を置いて、器材をセッティングして、なぜか座ることが出来ました。2階に多くの人たちが上がっていたようでした。
 5時23分頃出航しました。出港してからほとんど何も見えなくなってしまいました。霧?に覆われていて、1時間以上周りは何も見えませんでした。6時頃ようやくあたりが明るくなってきましたが、霧のような物で覆われていて、周りは全く見えませんでした。いつもなら写真をバシバシ撮るところですが、明るくなって初めて船尾に行ってみました。あたりを見たかったですが、なかなか歩くことも出来なかったです。

5時28分
5時38分
6時00分
6時55分
 7時前から準備をしました。筆ん崎は船の前方なので何も見えなかったです。7時半頃タンクを背負って、フィンを履いたままエントリーするタイミングを計って待っている時間がかなり辛かったです。脚を踏ん張れずに小刻みに震えてしまっていました。ちょっと 恥ずかしかったです。
 エントリーして海面で2人を確認して潜行。良く沈んだし耳抜きがなかなか出来ずに、ちょっと辛い1本目でした。すぐにギンガメアジの群れに出会いました。魚群探知機でも見ているのだろうと思いました。残圧が180しかなかったので、最初は浅めに泳いで酸素を節約しました。写真を撮るよりスタッフを見失わないように、とっても気をつけました。船の上でも顔を覚えるのが大変だったくらいだす。白いフィンを履いたダイバーはたくさんいたので目印にはなりませんでしたが、黄色の小さなスレートを持っている人はあまりいなかったので、スレートを目印にしてスタッフを確認して泳ぐようにしました。
 1本目は泡だらけだったのに驚きまし。他のダイバーの上にいたので、もろに泡に包まれた感じでした。それでも泡の切れ間を狙って写真を撮れました。20分位で安全停止して、30分は海の中にいなかったと思います。
 海面はだいぶ波が高くて、迎えの船を待つのが長く感じました。無事に船に上がれましたが、船の操船というかダイバーを迎える時の船の位置が、ダイバーの正面ではなく左寄りだったので、3人で1つのラダーにつかまってから、隣のラダーに移る感じで苦労した。西表島の船は、正確にダイバー達の真っ正面に向ってきますから…(^_^;)
 1本目を上がってタンク交換したら、何となくまた人が少なく感じました。半分位の人が2階に上がっていたので、1階で座ることが出来たのは楽でした。以前は座ることが出来なかった記憶があります。タンクをセッティングしていたら、アルミではなくスチィールだったことが分かりました。当然重りも5キロではなく3キロなので、良く沈んだわけが分かりました。船の後方から体を出して、少し粟国島の写真がを撮れました。でも雨が降っていて霧も出ていて、当然海の中も暗かったです。

  5月28日(土) No.2:833本目−09:39〜10:12 粟国島:筆ん崎  曇り/雨  気温28℃
                  水温23℃ 最大深度20.4m 平均深度13.5m 透明度〜20m

 1時間後の9時半頃2本目のエントリーをしました。2本目は残圧が190あったので少し安心しました。耳抜きもうまく出来るように なって余裕が出てきました。スタッフと同じ位の深度にして、泡を避けて写真を撮ることができました。潜水時間が少し延びて30分位潜ってい感じでした。ギンガメの群れを見て写真を撮って、少し泳いで終了った…感じでした。
 また迎えの船の位置が、ダイバーの正面ではなく左寄りになっていて、二人して一番右端のラダーになんとかつかまって、無理矢理左のラダーに移動する…って感じで船の上に上がりました。心の中では…下手くそ!!…怒っていました(`へ´)フンッ!

 船に戻って3本目まで1時間位あるらしいので、みんな食事をしましたが、カップラーメンが多かったです。特に食べなくても良かったんですが、お稲荷さんを買ってきていたので、甘い物を食べて気分転換しようと思って2個食べました。口の中は少ししょっぱくなっていたので、美味しかったです。

  5月28日(土) No.3:834本目−11:47〜12:19 粟国島:筆ん崎  曇り/雨  気温28℃
                  水温23℃ 最大深度16.4m 平均深度 9.9m 透明度〜20m


 ずっと雨が降っていて霧も出ていたので、暗くてなかなか辛い環境の中にいた…って感じでした(^_^;) 
 3本目はギンガメを見ないで大物を探して泳いだんですが、見事に何もいませんでした。安全停止中にグルクンの群れが現れて、上部にアジ系の魚がいて、下にクマザサハナムロがいました。
 また左に寄ってしまう船に迎えてもらって、船に戻ったのは12時半頃でした。器材をしまってペットボトルのお湯をかぶって少しさっぱりして、帰りも2時間位かかる計算なので、座っていてもお尻が痛かったです。座れただけでもラッキーでした。何回もウトウトしたんですが、普通に横になって寝れば良かったと後悔しました。
 計算通り2時半頃港に戻って、ダイバー全員で30人近くいたので、タンク約90本とメッシュバグや器材を陸揚げするするのに30分位かかりました。その後ようやく船から下りて、3時頃ショップのスタッフの女性で、原さんが運転する車に乗って帰ってきました。もう10年以上前から原さんはいたので、顔は覚えていました。

 3時半頃ホテルに着きました。明日もシーマリンさんにお世話になるので、器材は洗ってくれるので助かりました。風呂に入りながらビールを飲んでさっぱりしました。酔っ払う前に買い物と、久米島行きの船のチケットを買いに出かけました。
 4時半前にホテルを出て、泊港のチケット売り場に行きました。チケット売り場は3航路の窓口がそれぞれ並んでいて、チケットの申込書を書いて現金で支払いました。カードは使えませんでした。帰りに乗り場を見て、ホットモットで弁当を買ってファミマーで氷とつまみを買って、5時15分頃ホテルに戻りました。

 泊港です。ここから慶良間諸島や粟国島、
渡名喜島、久米島へ行く船が出ます。

 お腹も減っていたし眠かったので、昼食用に買ったおにぎり弁当を食べて呑んで、ホットモットの弁当も食べてしまいました。眠くなったのでガッツリ1時間半位寝た思います。7時半頃起きてテレビを見ながら呑みました。ガッツリ寝て元気が出てきたので、呑んでもなかなか酔いませんでした。
 明日は7時半のお迎えですが、器材の準備がないのでとっても助かりました。6時半頃起きる予定にして、なるべく早く寝ることにしました。10時過ぎに寝ることにして、8時間は寝られる予定でしたが、なかなか寝られなかったですが、ちょくちょく寝ていたようで、全く寝られないことはなくて助かりました。

  5月29日(日)

 携帯の目覚ましで6時40分に起きました。カメラ周りの器材を準備をして、コーヒーを飲んで7時25分前に部屋を出ました。7時半に迎えに来てもらって 途中今日からのおばさんを1人ピックアップしました。昨日と同じ港に着いて、昨日の男性とお年寄りのご夫婦2組みとおばさん2人がいました。ご夫婦は馴染みの方らしかったです。器材はセットしてあったので7時50分頃に出港できました。今日は良い天気になりでしょうか?

 出航してすぐに霧?で港が見えなくなってしまいました。あらぁ〜また曇りで暗いダイビングかなぁ〜って、心配してしまいました。スタッフの若い子が何か言っていて、指で Vサインをしたのでポイントまで2時間かかるのかと思いました。実際は40分位で着いたんですが…。ポイントに着く10分前位から晴れだして良かったです(^_^)v♪

  5月29日(日) No.1:835本目−08:52〜09:34 黒島:黒島北  晴れ  気温28℃
                  水温23℃ 最大深度21.9m 平均深度11.0m 透明度〜25m

 慶良間に着くと太陽が出てきました\(^_^)/♪ 太陽を見ながら8時半過ぎに着いて、広々と準備できました。アンカーリングなのでフィンを履いて待つこともないし、ラダーがあったので手すりにつかまりやすかったです。ようやくゆったりとダイビングが出来るようになりました。海の中は何となく同じですが、何となく違っても見えました♪
 1本目を上がって落ち着いてから、9時50分頃移動しました。太陽に当たれるように、後部に座って日に焼きました♪

  5月29日(日) No.2:836本目−10:25〜11:07 座間味島:7番瀬  晴れ  気温28℃
                  水温23℃ 最大深度14.0m 平均深度 8.7m 透明度〜25m


 2本目は慶良間諸島の中で、一番大きな島の外側で潜ることになりました。ずっと晴れていたので楽しめました(^_^)b♪
  2本目もいろいろ魚や産後を見て楽しめました。
 船に上がって11時半前から昼食を食べました。和風チキンタツタ弁当を食べたんですが、写真を撮るのを忘れたので、食べ終わった容器の写真を撮りました(^_^;) 昨日の夜食べたホットモットの弁当と同じく、白米は少し堅く感じました。食べた後は船尾で日にバリバリ当たりながら寝ました。10分も寝ないうちに起こされて移動しました。

  5月29日(日) No.3:837本目12:11〜12:45 座間味島:男岩 晴れ 気温28℃
                  水温24℃ 最大深度15.5m 平均深度10.0m 透明度〜25m

 ラストは男岩(ウガン)に潜ることになりました。流れもそこそこあって、大物を見ることが出来るポイントだったと記憶していたんですが…ドリフトでエントリーして…なんとも穏やかな海でした(^_^;)
 流れがないと大物はなかなかいないんです。キビナゴの群れがすごかったです。ニジョウサバを2回ほど見ましたが、すぐに泳ぎ去って行ってしまいました。エキジット直前に船を通り過ぎて浅い岩場に行って、ジョーフィッシュを見せてくれました。浅場で太陽の光も十分あったので、可愛い写真が撮れたと思います。おばさんにも場所を教えてあげました。
 船に上がって帰りの支度をして、皆さんが着替えたので、普段は着替えないんですが私も着替えました。でも座るとお尻がぬれそうな気がしたし、せっかくの太陽なので船尾で立って日に当たって帰ってきました。1時過ぎにゆっくり男岩を離れて、帰りは50分ほどかかって帰ってきました。ずっと晴れていて2時過ぎに港に戻って来ました。
 私は起用で終わりなので、若いスタッフの運転でショップまで行きました。港からすぐでした。器材を洗って干していたら、もう1人の男性スタッフがバイクで戻ってきました。器材を干し終わって室内でログ付けをして、いろいろ昨日と今日の話をしました。タテジマヤッコは少しレアー?だと話したが、慶良間ではそうでもないようでした。粟国の3本目の安全停止中にいたアジ?のような魚は何かが分からなかったので、聞いてみましたが、アジの種類じゃないかと言うことでした。
 2日分のログを写真に撮って精算をして、干してある器材をメッシュバッグに入れて帰り支度をしました。原さんが運転して3時過ぎにショップを出ました。途中男性が下りてホテルまでの間、原さんといろいろ話をしました。明日久米島に渡って知り合いのスタッフがいることを話したり、今までショップの若い子が独立したり他に移ったりしているので、時々会いに行くことを話しました。
 シーマリンの若い男の子が、今波の上ビーチで働いている「クマ」に似ている話をして笑いました。若い子が入ってきて良かったことと、私にとっては孫に当たる子達だと話しました。原さんにとっては子供らしい。原さんも50歳を超えていると言っていました。久しぶりにお会いしたのに、楽しく車の中で会話して帰ってこられました。

 3時半頃ホテルに着いて挨拶して別れました。先に器材を部屋の中に干してから、ビールを飲みながら風呂に入りました。ゆっくりしたかったので、泡盛も呑みながら風呂に入ってしまいました(^O^)♪
 さっぱりして風呂から上がって、いろいろデータの整理をして荷物も少し整理しました。お腹が減ったので、今日は外食することにして6時10分頃ホテルを出ました。以前歩いたことのある道を通って国際通りまで行きました。6時半前に知り合いの人がやっている、ラーメン屋の「竹蘭」に寄ってみました。去年からコロナのせいで店を休んでいるんですが、やっぱりお休みでした。シャッターに書かれていたお休みの案内誌よを写真に撮って、LINEで友達に送ろうとしましたが、なかなかうまくいかずに道路の写真を送ってしまったりしていました。その後なんとか写真は送れましたが…。
 その後「やっぱりステーキ」に行くことにいました。何度か石垣店に通っているので、ミスジ赤身200gのステーキセットとイチボ150gを追加してビールも頼みました。全部で3450円でした。やっぱり安いですよネ!! ご飯とスープをお代わりして、ニンニクたっぷりの肉を全部完食しました!! ニンニク臭くなったと思います(*^O^*)♪

 LINEを見たら友達から返信があって、「竹欄」に何かメッセージを書いて置いておいてください…とのことだったので、またお店に寄ってメッセージを書いて、張り紙の間に入れておきました。ここで疑問がわいてきました。「竹欄」の奥さんは、野毛の居酒屋のお父さんお母さんの姪っ子さんなんですが、お二人なら連絡先は知っているんじゃないかと思いました。伝言メモを置いていく必要があるのかな? 直接電話した方が早いよなぁ〜って思ったんですが、とりあえず伝言メモの写真も送りました。
 7時45分頃からまたテクテク歩いて帰って、途中美味しそうな店も何軒かあって、生ジンギスカンの店に惹かれました。今度寄ってみようかなぁ〜…8時過ぎにホテルに戻って、明日チェックアウトして9時の船に乗るので、呑みながら荷物の整理をしてダイビング器材だけしまえばいいようにしました。
 10時半頃には終わったのでソフトイカ を食べながらテレビを見て、寝ながら呑みました。明日は8時15分頃部屋を出るつもりで、7時15分に目覚ましをかけて寝ました。
 久米島での様子やダイビングの日記は、ページを改めて作りました。引き続き見てやってください。
ページトップへ
ダイビングトップページに戻る